ニキビ 発生原因

ニキビの発生原因

 

ニキビは毛穴から発生する炎症です。

 

毛穴が炎症を起こす原因は、ホルモンと細菌と皮脂の相互作用です。

 

そのため、皮脂が多く分泌される額や背中などに出来やすい傾向があります。

 

ニキビはまず、乾いた皮脂や角質が溜まって毛穴を塞ぐところから始まります。

 

この状態は毛穴が開いて中身が黒く見えたり、逆に閉じた毛穴が白く見えたりします。

 

そうした状態は皮膚に生息しているアクネ桿菌が異常に増殖する原因となります。

 

詰まった毛穴の中で過剰に増殖したアクネ桿菌や、紫外線や空気中の酸素が皮脂を変化させることによって、
詰まった毛穴が炎症を起こしニキビになります。

 

悪化すると膿が溜まったり、毛穴が破れて炎症が広がることがあります。

 

そこまでニキビが進行すると皮膚の深い部分まで炎症を起こしてしまい、跡が残る結果となってしまいます。

 

メカニズムは完全には解明されていないものの、毛穴がふさがることを予防することがニキビの予防にも効果的であると考えられます。

ニキビが気になるなら

酵素ドリンクの力で体の中からキレイにしてニキビを治していきましょう。